賀詞起草特別委員会速記録第一号

令和二年十一月六日(金曜日)
第十五委員会室
午後一時九分開議
出席委員 二十三名
委員長増子ひろき君
副委員長藤井  一君
副委員長小山くにひこ君
副委員長高島なおき君
理事奥澤 高広君
理事小磯 善彦君
理事中村ひろし君
理事荒木ちはる君
理事山崎 一輝君
理事和泉なおみ君
森口つかさ君
鳥居こうすけ君
村松 一希君
後藤 なみ君
谷村 孝彦君
長橋 桂一君
宇田川聡史君
吉原  修君
あぜ上三和子君
伊藤 ゆう君
木村 基成君
三宅しげき君
白石たみお君

欠席委員 なし

本日の会議に付した事件
委員長の互選
副委員長の互選
理事の互選
議席について
立皇嗣の礼にあたり天皇陛下ならびに皇嗣殿下に奉呈する賀詞の案文について

○石川議長 ただいまから賀詞起草特別委員会を開会いたします。
 本日は、委員会条例第八条第一項の規定により、委員会を招集いたしました。
 初めに、委員長の互選を行っていただきます。
 委員会条例第八条第二項の規定により、年長委員が委員長互選の職務を行うことになっております。
 三宅しげき委員が年長委員でありますので、三宅しげき委員に委員長互選の職務をお願い申し上げます。

○三宅座長 年長のゆえをもちまして、暫時座長を務めさせていただきます。
 ただいまから委員会条例第七条の規定により、委員長の互選を行います。
 その方法についてお諮りいたします。

○後藤委員 座長の指名推選の方法によることとし、直ちに指名していただきたいと思います。

○三宅座長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○三宅座長 異議なしと認めます。よって、委員長に増子ひろき委員をご指名申し上げます。ご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○三宅座長 異議なしと認めます。委員長には増子ひろき委員が当選されました。
 委員長より就任のご挨拶があります。
   〔三宅座長退席、増子委員長着席〕

○増子委員長 ただいま委員長にご選任をいただきました増子ひろきでございます。
 名誉あるこの大役を全うすべく微力を尽くしてまいりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

○増子委員長 引き続いて副委員長の互選を行います。
 副委員長の数及び互選の方法はいかがいたしましょうか。

○後藤委員 副委員長の数は三名とし、委員長から指名していただきたいと思います。

○増子委員長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。よって、副委員長には藤井一委員、小山くにひこ委員、高島なおき委員をご指名申し上げます。ご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。副委員長には以上の方々が当選されました。

○増子委員長 引き続いて理事の互選を行います。
 理事の数及び互選の方法はいかがいたしましょうか。

○後藤委員 理事の数は六名とし、委員長から指名していただきたいと思います。

○増子委員長 ただいまの動議にご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。よって、理事には奥澤高広委員、小磯善彦委員、中村ひろし委員、荒木ちはる委員、山崎一輝委員、和泉なおみ委員をご指名申し上げます。ご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。理事には以上の方々が当選されました。
 なお、委員会条例第六条第四項の規定により、本委員会に理事会を設置いたしますので、ご了承願います。

○増子委員長 次に、議席についてお諮りいたします。
 議席は、ただいまご着席のとおりといたしたいと思いますが、いかがでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。よって、議席はそのように決定いたしました。

○増子委員長 次に、立皇嗣の礼に当たりまして天皇陛下並びに皇嗣殿下に奉呈いたします賀詞の案文についてご検討願います。
 本件につきましては、ただいま委員長私案をお手元にお配りいたします。
   〔案文配布〕

○増子委員長 議事部長に朗読いたさせます。
   〔広瀬議事部長朗読〕
     天皇陛下に差し上げる賀詞
  天皇陛下におかせられましては
  このたび
  皇嗣殿下の立皇嗣の礼を
  とりおこなわせられ
  皇位継承者としての地位を
  内外に宣明されますことは
  誠に喜ばしいかぎりであります
  ここに東京都議会は 都民を代表して
  謹んで慶祝の意を表します
    令和二年十一月六日
東京都議会議長 石川 良一

     皇嗣殿下に差し上げる賀詞
  皇嗣殿下におかせられましては
  このたび
  立皇嗣の礼をあげさせられますことは
  誠に喜ばしいかぎりであります
  ここに東京都議会は 都民を代表して
  謹んで慶祝の意を表します
    令和二年十一月六日
東京都議会議長 石川 良一

○増子委員長 朗読は終わりました。
 本件についてご意見がございましたら、発言を願います。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 発言がなければ、本件は、特に敬意を表するため、起立により採決いたします。
 本件は、委員長私案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。
   〔総員起立〕

○増子委員長 起立総員と認めます。よって、本件は、委員長私案のとおり決定いたしました。

○増子委員長 次に、本会議における委員長の口頭報告につきましては、理事会にご一任いただきたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

○増子委員長 異議なしと認めます。よって、委員長口頭報告は、そのようにいたします。
 以上をもちまして賀詞起草特別委員会を閉会いたします。
   午後一時十六分散会

ページ先頭に戻る

ページ先頭に戻る